surgery

白内障の症状。視界が全体的にかすむ・ぼやけて見えにくい・まぶしく感じる等、水晶体が濁ると目の奥に光が届きにくくなります。

白内障とは?

白内障とは目の前方にある水晶体と呼ばれる透明な部分が
年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。

水晶体は人間の目をカメラに例えたときにレンズの役割を
担う部分ですので水晶体が濁ってしまうと次のような
症状が現れます。(症状は人によって様々です)

  • 光をまぶしく感じる
  • 視界が暗く感じる
  • 視力が低下する
  • 視界が全体的にかすむ
  • 二重三重にダブって見える
  • ぼやけて見えにくい 等

白内障の治療について

白内障の初期で日常生活にそれほど支障がない段階では
点眼薬で水晶体が濁るスピードを抑える治療が主となります。

ただし、一度濁ってしまった水晶体を透明に戻す薬ではないので
白内障が進行して日常生活に支障が出るようになれば
手術を検討することをおすすめいたします。

水晶体を透明に戻す薬ではありません

白内障手術について

ほり眼科では日帰りでの白内障手術を行っております。
白内障手術は、水晶体の濁りを吸い出して眼内レンズを挿入する手術です。

白内障手術の流れ 白内障手術の流れ

乱視対応レンズについて

白内障手術の際に乱視対応の眼内レンズを使用すると、白内障の治療と同時に乱視の矯正が可能です。
ただし、すべての種類の乱視が矯正できるわけではありませんので、十分な手術前検査が必要となります。
くわしくは診察の際にご相談ください。